白髪染めおすすめ&ランキング

白髪染めおすすめ&ランキング TOP

こんにちは大橋 克己と申します。ご訪問ありがとうございます。
白髪染めのサイトで情報が豊富なサイトはあまりないかと思っています。
本サイトは、特に白髪染めの情報と私が使っているWEBサイトのリンク集サイトとなります。
私はいつもどういう情報が含まれたホームページが好まれるのか研究しております。
紹介していますホームページの数が多いので全部をご訪問いただくのは大変かと思いますが、是非いくつかクリックして頂ければと思います。
 

私は、白髪染めを使う量が減ってきた一人です。その要因は、息子にあります。医系学舎・難関義塾という医学部受験専門の予備校さんで無事医学部に合格したのです。なんと、恥ずかしいことに5年かかりました。それが気苦労でどんどん白髪が進行していましたが、息子の合格を気に、白髪が目立たなくなってきたのです。私は、白髪染めを紹介するのではなく、白髪をなくす、白髪の無い生活の素晴らしさ、そういったものに光を当ててサイトを作成していこうと思っています。


かなり前から当分野でホームページを作っているものと比べればまだ内容は足りないですがたくさんの情報をお送りしていきたいと考えていますので、
ぜひブックマークに入れるなりして使ってもらえればと思っています。

生え際にはリタッチ
オススメなのが、“リタッチ”です。
リタッチとは、髪を染めた後に新しく伸びてきた部分を染めることで、全体的に同じ色、明るさにそろえることを言います。気になる箇所を重点的に、しかも手軽に染めることができ、なおかつ髪や肌へのダメージを極力抑えることができることがポイントです。

白髪の原因は?
髪の色には、黒、白、茶、ブロンドなど様々あります。
このような髪色の違いを左右しているのが、“メラニン色素”と呼ばれるものです。
毛根で作られた直後の、生まれたての髪は色素を持っていません。そのため、色は白。本来、髪色はみな白ということです。
毛根に存在するメラノサイトという色素細胞から、着色機能を持つ色素幹細胞であるメラニン色素が生成され、髪の内部に入り込むことで、黒や茶といった髪色となります。

正しい選び方は?
同じ白髪染めを使用しても、使用する人の髪質により、仕上がりは異なります。思ったよりも明るくなりすぎてしまったり、一方で染まりにくかったりと、困ってしまうことも多いはず。
こうした失敗を免れるためにも、まずはじめに、自分の髪質を把握することが必要です。
色の選び方
白髪染めと言えば、以前は全体的に黒く染めるものが多かったのですが、今はカラーバリエーションが豊富に用意されています。
これだけ多いと、その中からどれを選ぼうか・・・迷ってしまいますよね。
もちろん、自分が一番好きな色、求めている色を選ぶのが一番良いと思います。
しかし、同じメーカーの同じ色の白髪染めを使用しても、その人の髪質や白髪の量によって、違った色合いに仕上がることがあります。つまり、自分が想像していたものと違った仕上がりになる可能性があるということです。
 


白髪染めの豆知識

人気の白髪染めの効果と詳細

サイト情報